« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月29日 (月)

濡れ煎到着

調子銚子電鉄の濡れ煎餅が届きましたぁ~~~~~~~~~~~~~~~!!!
Cimg0537

今回注文したのは「うすむらさき(薄味のこと)」10枚入り。
で、早速袋をちぎって食ってみる。

う、う、うめぇ~~~~~~~~~~~~~~~~~!!
もう「うまい」の一言に尽きます!

加熱して食べてみたら、より美味しくなったんだけど、そのぶんへな~~っとしているところとパリッ!としてるところと両方出てしまった・・・


気が進まなくても、一度お試しあれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月25日 (木)

13号線の路線名決定

一週間近く更新が出来なくて申し訳ございません。完全にネタが無かったのですが、今回仕入れてきました。
東京メトロ13号線(現在建設中:池袋~渋谷)の路線名が決定しました。

路線名は、副都心線です。
由来は、リンク先の通りです。
駅は北から順番に
「和光市」「地下鉄赤塚」「地下鉄成増」「小竹向原」「千川」「要町」「池袋」「雑司が谷」「西早稲田」「東新宿」「新宿三丁目」「北参道」「明治神宮前」「渋谷」です。
この図を見て、「おや?」と思った方もいるでしょう。和光市~池袋間は有楽町線と共用し、こちらも副都心線とします。有楽町線と副都心線の重複区間は和光市~池袋です。
詳しくは路線名由来で触れたリンクをご覧下さい。2012年ごろから東横線に直通するとか。
この記事から次のブログにトラックバックを送信しました。
Kaz-T’s blog レインボーライン

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月19日 (金)

刺激されたキハE130

この前「鉄道ファン」を読んだらキハE130の新車ガイドがありました。それを読んでみたら・・・

完全にJR九州に刺激されてまんなw
派手な塗装にドア着色なんて刺激されまくり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月13日 (土)

E531系グリーン車に乗ってきたよー

今日はサロE530に乗ってきました!

写真は無いですがまずはウラ65で横浜へ。横浜から内房線直通(個人的に区間快速)君津行きで東京へ。山手線で上野へ。

列車案内に「15両4ドア」って書いてあったから「こりゃサロ連結だ!」と思って急いだんだ

けれども、E501系だったorz
Cimg0484

そのE501系。

そして、次の特別快速でイザ乗車。

Cimg0490_1

おお、きたきた。
F02が初めて乗ったE531系がグリーン車だったりするw
Cimg0488

「ただいまこの車両は普通車です」

この列車で柏まで乗ってきました。特別快速土浦行き。新車の匂いがかなりきつい。
柏から特別快速で上野へ。さすがにこの編成には連結されていませんでした。
Cimg0494

交直流の並び。
Cimg0504

鋼鉄製の415系。
Cimg0508

なんか違和感があるようなないような・・・

山手線(東トウ531編成)で東京へ。201系で四ツ谷へ。
Cimg0510

国鉄色の183系回送。ブレブレすまん。
Cimg0513

おなじみE233系。

東京へ引き返して211系。崎陽軒のシウマイ買って、ウラ56で山手。

画像は全てオヤジ撮影

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 9日 (火)

おもテレで発車ベル特集

昨日の「午後は○○おもいッきりテレビ」の「きょうは何の日」で「上野駅に日本初の発車ベルが設置された日」をやっていました。
結構奥が深かったです。はじめて知ったことも結構ありました。
「駆け込み乗車は事故のもと」と言うけど、駆け込みは危ないことがわかるイメージ映像がありました。危険だわ。

日テレはよく「新橋←汐留→東京」と言う駅名表のパクリを出すけど、どうせなら「大門←汐留→築地市場」にして欲しい。
Pic_0073_20060407_

東中野にて大江戸線12-000系初期車。汐留は大江戸線の駅というわけで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 4日 (木)

特急「東海」に乗ってきた

3月改正ではいしになる「東海」。マニアでいっぱいになる前に乗ってきました。
写真2枚しかありませんが。(その内一枚はウラ84なので非公開。すみませぬぅ・・・)
Cimg0450

平塚にて。東華軒の鯵の押し寿司買おうとしたんだけど、373系のすわり心地の良さにとられて買い忘れた。

F5編成はドアチャイム付いていました。
乗車率高し。1号だからだろうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »