« E233系試運転列車に遭遇 | トップページ | MSE、東京縦断! »

2007年9月25日 (火)

サークルK・東急2000系に乗る

今日は学校行事の代休ってことで田園都市線へGO!
行程
山手→(209-0)桜木町→(205-0)長津田→(2000)溝の口→(徒歩)武蔵溝ノ口→(205-0)川崎→(209-0)根岸→(209-500)山手
1.山手~長津田
Cimg1446

桜木町まではウラ5編成。209系も記録を急がねば。
Cimg1449

205系0番台。前面行先表示は未改造です。
今回はサハ204-120に乗りましたが、空調が効きすぎです。
2.長津田~溝の口
ここからは今日の目的、サークルKの東急2000系に乗りました。
が、東武伊勢崎線で人身事故が発生し、ダイヤ乱れ。というわけで、普段運用しない08K運用に入っていました
Cimg1461

普段見られない日中の2000系による清澄白河行き。
さて、この車両の車内の目玉は・・・
Cimg1458

2~3、8~9号車間の貫通ドア。窓が変わった形をしています。
Cimg1453

貫通ドア以外は9000系と大差なし。
Cimg1459

鷺沼停車中にて撮影。右の4ドア車はE231系タイプのドア窓、左の6ドア車はE233系タイプのドア窓。
Cimg1463

メトロ8000系更新編成。右は更新していますが、左は08系と大差ないため、ドアチャイムを取り付けただけでしょう。
3.武蔵溝ノ口~山手
南武線205系の写真は撮れませんでした。
Cimg1466

川崎から209系ウラ9編成に乗りましたが、寝過ごしてしまい、根岸で降りることに。ウラ9がホームを抜けた5秒後に北行が。しかもあのネタ編成だとは・・・
Cimg1467

ウラ81~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!
E233系投入によって一番早く姿を消す500番台。
青色の剥げた転落帽子幌は撮影できませんでした。

|

« E233系試運転列車に遭遇 | トップページ | MSE、東京縦断! »

レア電」カテゴリの記事

電車:東京地下鉄」カテゴリの記事

電車:東京急行」カテゴリの記事

コメント

貫通扉・・・これだけはあまり好きになれませんが、VVVFの音は西武の6000に似ているので2000系自体は好きです。

投稿: 1009 | 2011年6月11日 (土) 20時01分

1009様、初めまして。コメントありがとうございます。
コメントの反映と返信が遅れましたことをお詫びいたします。

確かに2000系以前の東急電車の評判は分かれていますね。私は2000系のデザインは結構気に入っています。貫通扉は・・・半蔵門線に直通する関係上、仕方がないでしょうね。
西武6000系と東急2000系はどちらも同じ時期に生産された同じメーカー(日立)のGTO素子VVVFインバータを使用しているので音が似ていますね。2012年度から西武6000系が東横線へ入ってきますから、いわゆる「日立GTO後期型」の音を東急線内で聞く機会も多くなるのでしょうね(2000系のほかには目黒線へ乗り入れる東京メトロ9000系がありますが、こちらは2編成とさらに少ないです)。

この記事での東急2000系の写真は下手なものが多いですが、「東急田園都市線・サークルK写真館」」の記事でこれよりはうまく撮影できた画像を公開しておりますので、宜しければそちらもご覧ください。

投稿: F02 | 2011年6月15日 (水) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/182407/8102708

この記事へのトラックバック一覧です: サークルK・東急2000系に乗る:

« E233系試運転列車に遭遇 | トップページ | MSE、東京縦断! »