« 2008年8月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月 8日 (土)

横浜市営バス開業80周年記念祭に行く・展示車両編

今日は横浜市交通局の滝頭営業所で「横浜市営バス開業80周年記念祭」というものがあったので、そこに行って来ました。

予定が詰まっていたので1時間で撤収。
Cimg3490

2006年式日野ブルーリボンシティハイブリッド。車番6-3878。保土ヶ谷所属。Cimg3494

2008年式日野ポンチョ。保土ヶ谷所属。
新型ポンチョのみ、前ドアにもブザーがついています。車番8-3967。
Cimg3491

横浜市交通局の子会社「横浜交通開発」に移籍した2000年式ブルーリボンシティ(ワンステップ)。車番0-3210。
Cimg3492

本牧営業所所属の1999年式日野レインボーRJ。普段は20系統(保土ヶ谷所属車は32・47・89系統)で走っていますが、観光スポット周遊バス「あかいくつ」(271系統)の予備車も兼ねています。
今回はその「あかいくつ」の運用に入っている通称「あおいくつ」仕様で展示されました。車番9-3650。
Cimg3487

イベント最大の目玉とも言える1994年式の日デCNG試作車。車番は4-4418で、市営最後の旧塗装車です。
燃費が良い事や最近足回りの更新工事したとの事で、今後もしばらく活躍が続きそうです。

Cimg3488

滝頭の2007年式日デ・スペースランナー。この車両のみ銀帯が復活しています。車番は7-4613で、やはり滝頭は珍車が多いです。
よく見たら、前面局紋も昔の色になっていますね。
Cimg3495

滝頭所属の2004年式CNGノンステップ。市営ではこの年を最後にCNGを導入しておりません。車番4-4600、通学時によく会います(乗れませんが)。
Cimg3497

1999年式スクールバス。日デの富士重車体で、市営最後のスクールバスでもあります。車番9-4101。

この日は市電保存館と一体的にイベントを行っており、この日のみ市電保存館が入館無料でしたので(通常は大人一人100円)、市電保存館でもいくつか撮影してきました。
Cimg3508

全盛期塗装の1600。前中4枚折り戸、自動昇降ビューゲル、車内蛍光灯等の新技軸を採用した車両です。が、前中扉は乗務員から嫌われ、ワンマン化されず1970年に登場から13年で全車廃車となりました。ドアブザーは電磁大光です。
Cimg3507

1300型。末期塗装です。トロリーバスも運行開始から程なくしてこの塗装に変更されました。トロリーバス旧塗装は「グッズ編」参照。ドアブザーは旧形森尾。
Cimg3510

1500型。前面の2枚窓が特徴です。ドアブザーは森尾(電子式)。

最後に会場全体の写真をどうぞ。
Cimg3511

その他にもタイヤ交換体験や2階建てバス試乗もありました。ちなみに2階建てバス(日デ・ヨンケーレモナコ)は今年度での引退が決まっており、後継車はどのような車両なるのかが注目されます。やはり、三菱のエアロキングでしょうか・・・

ちなみに、会場では「はまりん」と「たねまる」が7-4613に乗っていました(!)。

グッズ編に続く。

【12/24追記】
ヨンケーレモナコの後継は新型セレガになりましたね。またヨンケーレも1台残っているようです。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年12月 »