« 旗の台駅のサイン類が交換される | トップページ | 今日の車両:小田急3000形3491F »

2011年4月10日 (日)

運転が開始された南武線の快速を撮影する

東日本大震災の影響で運転開始が延期されていた南武線の快速ですが、電力供給が安定してきたことから4/9より運転が開始されました。本日4/10はその快速電車を撮影しました。

撮影した駅は武蔵新城で、立川寄りにはスペースがあるため隠れた撮影スポットとなっています(ちなみにこのときは撮影者は私一人でした)。

Cimg9966
前座で205系ナハ37編成の各駅停車登戸行き。
快速通過駅の利便を図るため、先行の各駅停車立川行きと後続の快速立川行きの間に挟まる形で運転されるようになりました(終点まで先着、登戸で快速に連絡)。なので日中でも登戸行きを撮影できるようになりました。

Cimg9968
やってきました快速川崎行き(205系ナハ11編成)。「快速」の表示が新鮮です。
実に32年ぶりの復活となる快速電車はこの武蔵新城駅も停車駅となりました。
Cimg9970_2
先頭車化改造車を先頭にした205系ナハ50編成の快速立川行き。
この電車に乗車しとなりの武蔵溝ノ口駅へ移動しますが、節電のため車内の照明がすべて消されていました(驚)。

Cimg9972
少しぶれていますが快速の側面方向幕(先ほどのナハ50編成)。前面もそうですが、「快速」のデザインが他路線と異なっているのが特徴です。
なお、登戸駅→立川駅間は通常の「立川」表示となるようです。
気が付いたらちゃっかり車内照明が入っていますね。

この駅の留置線には快速宣伝ラッピングを施した編成が止まっていましたので撮影しました。
Cimg9973
205系ナハ48編成で、この他数本の編成にラッピングが行われているようです(209系2200番台もラッピングされているようで・・・)。
Cimg9974
側面のラッピング部分。武蔵小杉~武蔵溝ノ口間が目立ちます(笑)。

これにて撤収、東急大井町線に移動しました。

|

« 旗の台駅のサイン類が交換される | トップページ | 今日の車両:小田急3000形3491F »

電車:JR EAST JAPAN」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/182407/39559323

この記事へのトラックバック一覧です: 運転が開始された南武線の快速を撮影する:

« 旗の台駅のサイン類が交換される | トップページ | 今日の車両:小田急3000形3491F »